「マルタ」PCR検査で困らない為の情報

pexels-photo-5878517.jpeg雑学
Photo by Artem Podrez on Pexels.com

海外全ての国から日本に帰るのに厚生労働省の規制でPCR検査の陰性証明書が必要になって不安ですよね。

どの様な対応を受けるのか?

 

YouTubeやウェブサイトを見ても

タイムリーな情報が少ないですね!

この情報が1月21日でまだ日本に帰っていませんがマルタでPCR検査を受けて陰性証明書をもらったので

その流れを伝えたいと思います!

 

広告
広告

病院

female office worker relaxing with feet on table
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

私が行った病院はセント・ジェームズ病院です。

営業時間:定休日なしの24時間

住所:George Borg Olivier Street Sliema, SLM 1807

電話番号:+356 23291000

HP:Saint James Hospital

 



スリマの中心付近にあって坂道も多いので歩きやすい靴で

行く事をお勧めします!

 

検査の流れ

hospital

病院に着くと入り口付近にテントがあり

そこでPCR検査を行います。

 

病院の入り口に案内の看護師さんがいるので

困ったら相談してみましょう!

 

予約はなく、勝手に並んでOKです!

この時必要なものは

・パスポート

・現金orキャッシュカード

必要なものはこれだけです!



 

検査の流れ

受付と検査を行う2人いて

1、検査の人がまずパスポートを渡してくれと言います。

2、パスポートが返却されます

ここまでが順番待ちをしている状態です。

順番待ちがなければ3からです。

3、受付の人にパスポートを渡します

4、名前、メールアドレス、フライト日を聞かれます

5、支払いをします(140€)現金orカード

6、検査を受けます(鼻ですが痛くないです)

 

これで終わりです。

順番待ちがいなければ5分もかからないです!

 

いつ結果が出て、紙で貰う説明がありませんでした(泣)

ここまでは耳にすると思いますが

これからはセント・ジェームズ病院の詳細です!

 

検査結果とPDFプリント方法

pexels-photo-6074971.jpeg
Photo by Alena Shekhovtcova on Pexels.com

検査結果は伝えたメールアドレスにPDFと共に通知がきます。

陰性証明書

PDFの上には病院のロゴや個人情報が載っているので隠させてもらいますが

Result(結果)

Negativeなら陰性

Positiveなら陽性

となっています。

陽性なら病院に電話をして対処しましょう。



 

厚生労働省は

フライト72時間前の陰性証明書を要求しています。

私のフライトは22日の20時なので

2日前の20日の朝の9時に検査を受けました! 

 

少しギリギリかなと思ったんですが

検査結果が4時間後にメールで来ました! 

 

セントジュリアンで過ごしている人には少し遠いかとも思いますが、帰国しての3日間を検疫所で強制隔離になるより、良いと思うので朝から診断受けると良いですよ!

 

メールに添付されているPDFを書類の紙にする方法

病院に行き入って真っ直ぐ進むとエレベーターがあります。

そこで『P』の階まで上がり目の前に受付カウンターがあるので

PDF(画像)を見せながらプリントできますか?

と伝えれば快く引き受けてくれます。

1枚、2枚?と聞かれるので予備もあれば余裕ができるので2枚と伝えましょう!

お金は要らないですがパスポートは必要です!

 

帰りのエレベーターは『L』を押して上がる前のフロアに戻り病院を出ましょう!

帰国(羽田空港)した際にはまたすぐ情報をまとめて発信しようと思います。

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました