こんなにも軟水と硬水の効果が全く違う!

clean clear cold drink健康
Photo by Pixabay on Pexels.com

水を飲むと体に良いと聞いてなんとなく飲んでませんか?

コンビニなどで手に持った水は軟水?硬水?

自分に合う水、用途によって使い分ける水を探していきましょう!

お名前.com

 

広告
広告

・軟水と硬水の違い

水は柔らかい、硬いの硬度で表されます。

お水の1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量で決まります。

・日本での一般的な分類

区別硬度
軟水100mg/L 未満
硬水100mg/L 以上

・WHO(世界保健機関)での定義

区別硬度
軟水60mg/L 未満
中程度の軟水60~120mg/L
硬水120~180mg/L
非常な硬水180mg/L 以上

ここで良くあるお話を、、

海外に行ったら「水道水は飲むな」や「水には気を付けろ」などと聞いた事ありませんか?

理由としては硬度の高さや浄水機能不足、衛星状態が悪い事が挙げられます。



日本と世界」水道水の硬度の違い

日本:大阪や東京では硬度50付近、那覇市では硬度200付近です!

アメリカ,ヨーロッパ:硬度が200〜400付近になる所が多いです!

日本は急勾配な地形が多く、

水が地中に留まっている時間が短く、軟水になりやすいです。

ヨーロッパなどは平坦な地形が多く、石灰岩の層を通り抜ける時間が多いので硬水になりやすいです。後、古い水道管を使っている所も多い為、水質が悪いと言われています。


surfer with surfboard standing on sea shore
Photo by Jesse Tibbertsma on Pexels.com

・軟水のメリット&デメリット

 

「メリット」

料理に適している

無味無臭なので出汁を取ったり、香り立たせたい料理などに対して使う事ができ、料理の味や匂いを壊しません。

 

特に日本料理とは相性いいみたいです。

香りや後味にこだわっているなら尚更ですね!

・赤ちゃんや小さな子供に安心

お腹に優しくお水なので赤ちゃんのミルクや小さい子の水分補給に適しています。

 

ここ凄く大事なのかなって思います!

大人がなんとなく飲んでる水や体に良いからと言って赤ちゃんや子供にはあまり合ってないことに気づけました!

 



「デメリット」

・ミネラル要素はない

むくみや便秘を解消するマグネシウムやカルシウムが少ないので体に水分を取り入れるだけになってしまいます。


 

・硬水のメリット&デメリット

 

「メリット」

・便秘解消効果

マグネシウムを多く含む硬水は消化器官に影響を与えれ、便通を良くする効果が期待できます。その為硬水のミネラルウォーターを飲む事で便秘が改善されるケースもあり、ダイエットをしている方に好んで飲まれています。

 

便秘解消の代表的な物で食物繊維をとる事ですが、根本的に便が硬いんです!

水分をこまめに摂取する事で柔らかくして出す方法もありますね!

 

 

・動脈硬化の予防

カルシウムやマグネシウムを多く含んでいる硬水には、血液をサラサラにする効果があると言われています。その為動脈硬化を予防し、心筋梗塞、脳梗塞のリスクを減らす事が期待できます。

 

「デメリット」

・料理には向いていない

マグネシウムなど栄養がある分、独特の苦味や風味があり味付けの邪魔になります。

 

軟水のメリットと逆ですね!

栄養を考えて作るといっても美味しい料理が食べたいです。

 

・お腹を壊すリスク

胃腸が弱い方の場合、マグネシウムの影響でお腹が緩くなってしまいます。

 

軟水と硬水の違いでも紹介しましたがあまりにも硬度の高い水は日本人には向いてません。お腹が心配な方は、まず数値の小さい中硬水をオススメします!

 


close up of bottle pouring water on glass
Photo by Pixabay on Pexels.com

・コンビニに売られている水

コンビニで見かける「いろはす 」「エビアン」

実はラベルに硬度が書いてあるのご存知でしたか?

例えば

いろはす 硬度40.3mg/L

アサヒ おいしい水 硬度40mg/L

エビアン 硬度304mg/L

クールマイヨール 硬度1612mg/L

など日本産のミネラルウォーターは軟水が多く、海外ブランドは硬度が高いと印象受けます!


まとめ

・健康のためにミネラルを取る水は硬水

・赤ちゃんや料理に使う水は軟水

海外の水は硬度が高いのでお腹を壊す可能性があります。

まずは、ラベルを見て硬度を確認してみましょう!

慣れたら硬度を上げいく事をオススメします!



 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました