GW【フランス】旅行が熱すぎる!!~魅力だらけの観光地特集~

people protesting on street旅行
Photo by Andrew Taylor on Pexels.com

コロナ時期であまり注目されてない海外旅行ですが、予想としてゴールデンウィーク頃には行けるのではないか過程してお話していきます。

第2回目のロックダウンがありましたがその前までは日本からも観光で入国出来ていました!

旅行好きは密かに計画を練っている人が多いんです笑

広告
広告

航空チケットの値段

現在(11月7日)に格安航空チケットで有名なskyticketさんでGWの予定を調べて見ました!

4月30日から5月7日の1週間で

成田空港→シャルル・ド・ゴールド国際空港

までの大人1人の往復で乗り換え1回のチケット代金が…

なんと、、、!!124,490円!

 

ツアーは今売られておらず、普段なら行きたくても手が出せない金額なのに約13万円は安すぎる…

売り切れが出始めている日付もあります!

もちろん、行けなければ少しキャンセル料が掛かってきます。ですが、そのリスクを払ったとしても安いと思います!!

 

フランス行ってどこ観光するのー?って人に向けてここは見に行きたいと思うスポットを集めたんですが歴史を知って見る、見ないでは感じるものが違うと思うので簡単に歴史や特徴と共に紹介していきます!

ルーヴル美術館

Louvre Museum

フランスに行けば外せないスポットと言われている代表スポット。ルーヴル美術館かなり広く1日かけても全部は周り切れないと言われてる程大きいんです!!「モナリザ」、「ミロのヴィーナス」、「サモトラケのニケ」、「民衆を導く自由の女神」など世界的有名な絵画や像、古代の物まで普段見れないものが沢山あります。入る前に観たい作品のルートを考えて行く事が良いでしょう。ご参考までに、、

住所:Rue de Rivoli, 75001 Paris

開館時間

月:9時−18時
火:休館日
水:9時−18時
木:9時−18時

金:9時−18時
土:9時−18時
日:9時−18時

入場料(当日券):15€

公式サイト:Louvre

 


 



モン・サン=ミシェル

Mont Saint-Michel

フランスの西海岸のサン・マロ湾上に浮かぶ小島、及びその上にそびえる修道院は世界遺産に認定されています。今はカトリックの聖地として巡礼者を集めてますが、百年戦争時代に要塞の役目をしていて、その後荒廃していましたがナポレオン3世が建て直した歴史がある観光スポットです。今も尚イギリス軍のが捨てていった大砲や玉も残っていたり、日が落ちるとライトアップされ海に反射する絶景も見ものですね!

住所:BP 4 50170 Le Mont Saint-Michel

営業時間

・1月2日~4月30日:9:00〜18:00
・5月2日~8月31日:9:00〜18:00
・9月1日~12月31日: 9:30〜18:00

※最終入場は閉会の1時間前になります。

入場料:大人:10€
※18〜25歳の非EU居住者:8€

公式サイト :Mont Saint-Michel

 


 

エッフェル塔

architecture building city cityscape
Eiffel Tower

フランス革命100周年記念のパリ万国博覧会の目玉として1889年に作られました。その裏側に当時世界で建築技術を争っていてエッフェル塔は1889年から1930年の間世界一高い建造物と認定された記録を持っています。その高さは324mでかつては電波塔として使われていました!

現在は観光地として有名で周りには高い建物が無く遠くからでも観る事ができます。

住所:Champ de Mars, 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris

開館時間

(6/15〜9/1)9:00〜24:00

(9/2〜6/14)9:30〜23:00

入場料:10,40€〜25,90€

2階までか最上階までなのかで値段は変わってきます。

公式サイト:Eiffel Tower




ヴェルサイユ宮殿

Palace of Versailles

ルイ14世が建造した宮殿で宮殿内には地方の有力貴族の居住空間も用意されています。フランスの絶対王政の象徴的建造物ともいわれいます。宮殿はルイ14世をはじめとした王族と、貴族たちが国政を議論する場であり、時には社交場でもあったためさまざまなルール、エチケット、マナーが生まれました。内装は華やかで庭園は美しい他の宮殿と比べると圧巻する事間違いなしです!

住所 :Place d’Armes, 78000 Versailles

開館時間:火曜日〜日曜日

4月〜10月:9:00~18:00

11月〜3月:9:00~17:30

休館日:月曜日又は公式行事開催日

入場料:15€

公式サイト:Palace of Versailles

 


 

エトワール凱旋門

Arc de Triomphe

凱旋門を中心にシャンゼリゼ通りを始め、12本の通りが放射状に延びており、その形が地図上で光り輝く「星=étoile」のように見えるので、凱旋門は「エトワール広場の凱旋門」とも呼ばれ、世界屈指の観光スポットとなっています。螺旋階段を登って上へ登ることも可能です。

住所:Place Charles de Gaulle, 75008 Paris

営業時間

【1月2日〜3月31日】 ・10:00~22:30

【4月1日〜9月30日】 ・10:00~23:00

【10月1日〜12月31日】 ・10:00~22:30

休業日:1月1日、5月1日、5月8日(朝)、7月14日、11月11日(朝)、12月25日

入場料:大人:13€

公式サイト:Arc de Triomphe

 


 



ポン・デ・ザール橋

aged footbridge near domed palace in paris
Pont des Arts

セーヌ川に架かっている37の橋の中で最も有名な理由が、世界中のカップルが訪れ、南京錠を掛けて鍵を川に投げ込み永遠の愛を誓った場所です。芸術宮殿に繋がるの橋としてポン・デ・ザール橋(芸術橋)と名付けられました。2015年に橋が南京錠に耐えれなくなり崩壊し始めたため撤去してしまいましたがロマンチックなムードがあるので恋人と訪れたいですね!

 

住所:Pont des Arts, 75006 Paris

 

 

コロナウイルス情報

フランス政府は7月1日以降、渡航制限無しで入国出来ると発表が有りましたが

状況は変わりますので公式サイトから確認し判断をお願いします。

フランス政府は受け入れを許可していますが、日本政府はレベル3の「渡航はやめてください」となっている事も多いです。その場合は日本に帰って来た際に自主隔離を求められると思います。しっかり情報を集め、計画を立てる事が大事です。

公式サイト:在日フランス大使館

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました